ページトップへ戻る

測量業務

イメージ

測量業務とは

私たちは、大規模な宅地造成計画に伴う測量から、皆様方の大事な不動産にかかる一筆地の境界確定作業まで幅広く、お客様のWANTSに対応しております。当社の測量業務は主に以下の内容を主流として御依頼をお受けしております

  • 現況測量

    土地の形状並びに面積を測量し、大規模開発から一筆地における境界確認作業等を進めるために必要不可欠である基礎資料を迅速かつ最新の技術でもって皆様方に提供します。現況(山、田畑、宅地等)や測量範囲の大小を問いません。卓越した技術で速やかにそのご要望に応えます。

  • 水準測量

    建築造成計画をする時には、現況土地の高低が必要となります。基準点を決め、現況の変化点の高さを現況図に反映させることにより計画立案に役立てます。

  • 真北測量

    建築計画を立案する時に必要な真北(True north)を現地にて確認測量します。主に、建築計画の日影図の検討に必要な作業です。

  • 立面測量

    当該土地のまわりの建物(形状・高さ・窓位置等)や電柱・電線等の位置・ボリューム等を立面的に測量いたします。主に、当該計画と対比させる検討資料となります。

  • 官民の境界確定
    (官民査定申請)

    開発許認可あるいは分筆登記申請等の際に、所有地が公道や官有地に隣り合っている場合は、所轄としている関係行政への申請・確認が必要になります。私たちの申請件数は他社と比べて多く、また各行政担当者ともスムーズに取り行っていることもあり、極めて良好な関係を保っています。

  • 越境物測量

    民有地境界確定作業に伴い、境界線を越境している相互工作物等の有無を確認・検証する作業です。その証しとして越境物の覚書等を取り交わします。

Menu